おまとめローンって最終手段?!

もうすぐしたら10月かぁ、早いもんだなぁ。
今年の2015年はいろいろあったよね。
先週の女優川島なおみさんには驚いたし、その前に舞台を降りた時にブログはたまにだけど覗いていたんですよね。
写真をUPされていたの見たときに黄疸出ていたしそこまで体の具合が悪いとは思わなくてそれから亡くなって、そんな時に、女子プロだった北斗晶さんが乳がんでしょう。
どうしゃたの?芸能人みたいになるし、そんなまさかってことが多かったですよ。
それに北斗さんは乳がんとかの定期検診はすごいマメだったように書いていたしね。
わたしなんか怖くて無料の検診券が届いてもいかなかったものなぁ。
なればしょうがないけどこれとばかりはなんとも言えないよね。
ただでさえ毎月の支払いにアップアップ言って末が過ぎればホッと胸をなでおろしてる自分が居るのに、こんな病気になればもうおまとめローンでもしてないと困るって先見えてるよね。
うちは母親も父親もすでに他界したけど二人共ガンで死んだわけでもないけど遺伝もこの際関係ないんだろうなって思う。
早く特効薬みつかればいいよね。

背中がちくちく痛くて眠れないのです

ジグルベルが鳴る大晦日の夜、背中がちくちくと鈍痛のような痛みで眠れないのです。昼は忙しさから感じないのですが、これが10日間もすると寝不足の影響が頂点に達し、疲ジグルベルが鳴る大晦日の夜、背中がちくちくと鈍痛のような痛みで眠れないのです。昼は忙しさから感じないのですが、これが10日間もすると寝不足の影響が頂点に達し、疲労がでてきたのです。早速勤務先の近くの病院に直行したのです。
最初は市立の総合病院の外科でしたが、炎症止めエラスチックシートで様子を見ようということになったのです。しかし、数日しても痛みで眠れないために、当日はあいにく休日でやむなく別の第二の病院を探したのです。
第二の病院ではとりあえず痛み止めを三日分くれたのですが、なぜかだんだんと痛みがきつくなり日中でも仕事に影響がでるようになってきたのです。
それで止む無く夜小さな病院でしたが何とか頼み込んで内科へかけこむことができたのです。老医師でしたが、話を聞くなり「尿管結石」でしょうと、大判の直接レントゲン写真を撮ってくれたのです。その画像に明確に1ミリほどの石が一つ、腎臓のつながっている左側の尿管の途中にひっかかっているのが判ったのです。これが背中の痛みとなって表れていたのです。専用の痛み止め座薬と結石排出剤の「ウラジロガシエキス」錠を飲んでやっと落ち着いたのです。
それから、1週間後のトイレでカチッという音を聞いたのです。よく見ると、それは1ミリほどの結石だったのです。と同時に、これまでの痛みからすかっと完全開放されたのです。
この時ばかりは、痛みという症状の原因を見つけるのは極めて困難なことであることが判ったのです。医者でも三者三様、みな得意分野が違うのでしょう。